ホプニック研究所って?

ri03

ホプニック研究所の仕事

0254

レンズの精度を左右するテーピング

レンズの原型となるガラスモールド(型)を貼り合わせる工程。作成するレンズに応じて間に機能性フィルムもセットします。この工程がレンズの精度を左右するため、正確さと不純物の混入を防ぐことを徹底することが重要になります。
210

ゆがみなく仕上げるための重合・離型

ガラスモールドに流し込んだ樹脂製の原料を化学反応と加熱で硬化させ、モールドから取り外す工程です。ゆがみなく仕上げるために、素材によっては16時間から72時間の長い時間をかけて細かな温度管理を行う必要があります。 硬化したレンズは型から取り外し、ゆっくりと冷却します。
1112

レンズ表面に特殊コーティングを施すスピンコート

当社が独自に開発したレンズの表面に特殊コーティングを施す工程。レンズの片側だけにコーティングすることが可能なため、より薄く、軽いレンズを作ることができます。
451

レンズ表面の強度を向上させるハードコート

使用中のレンズの傷を防ぐため、レンズの両面にコーティングを行う工程。レンズごとに独自配合のコーティング剤に浸すことで偏光・調光性や屈折率に影響を与えることなくレンズを強化します。
360

製品のクオリティを確実にする検査

各部門ごとに行われる検査のほか、完成したレンズをあらゆる角度でチェックする大切な工程。人の目と専用の検査機器を使って、精度や強度、傷やカケの有無、外観などを総合的に検査します。この工程をクリアしたレンズが世界中に出荷されていきます。
1182

当社の製品を直接お客様に販売するEC部門

インターネットでの販売を中心とした直販部門です。自社ECサイトのほか、大手通販サイトにも出店しています。ここでは、サイトの運営管理や直販用の商品管理、受注管理から梱包、発送までを一貫して行っています。