ドライブサポートグラス 光源氏


 

クラウドファンディング・makuakeにて、173名のサポーターの皆さまから、

271万3500円のご支援をいただきました。 皆さまのお声をもとに、随時改良して参ります。

(クラウドファンディング責任者・市村)

 

こちらの商品は、弊社直営のネット通販店舗(鯖江イーレンズ・楽天市場店)およびMakuakeストアにて購入できます。

デザインや仕様は、予告なく変更になる可能性がございますのでご了承ください。

 

BtoBを中心にレンズを製造しているメーカーが初めて手がけたサングラス。

眩しさを強く感じさせるイエローライトをカットする、

日米特許レンズを搭載した高機能サングラス【光源氏】

信号・標識を鮮やかにする、ミドル世代へ最適なドライブサポートグラスです。

 

 

 

 

日本での暮らしにおいて、ドライブは生活の中で欠かすことのできない時間です。

通勤、買い物、通院、レジャー…大都市部を除いて、これらの目的のほとんど全てで車を利用している人がとても多いのですが、その中で眩しさや目の疲れで危うく事故に遭いそうになったことは誰にでもあるはず。

ドライブサポートグラス「光源氏」は、こうしたドライブでの眩しさ・目の疲れを軽減し、かつ視界を圧倒的にクリアします。

長い距離を運転される方、また運転で眩しさを感じやすくなるミドル世代以上のセーフティドライブのサポート役として開発されました。

 

 

 

 

メガネレンズ・フレームの品質を検査する、一般財団法人での調査結果でも、”光源氏”に使われるネオコントラスト™レンズは、”裸眼”よりも信号灯を見えやすくすることが分かっています。(上記は光源氏に使用しているレンズを日本眼鏡普及光学器検査協会で測定してもらった一例です。)

実際に、車のブレーキランプや信号、白線、標識が格段にはっきり見えるようになります。

 

 

 

また東北文化学園大学の坂本教授との研究により、イエローライトを新技術でカットすることがミドル以上の方の見え方向上につながるという結果が出ております。

(月刊眼鏡 17年7月号に掲載)

 

 

サングラスというとファッション性やブランドによって選ぶ人がほとんど。

しかし眩しさに困っているのに、よいサングラスと出会えない。

またはよいサングラスが分からないという人が多いようです。

職業柄こうした話をよく伺いますが、

眩しさを感じやすくなるミドル世代以上の方で特に多いようです。

実際にはサングラスのよしあしはレンズとフレームのバランス。

 

 

私たち、ホプニック研究所はメガネの街「鯖江」で30年、

真面目にメガネレンズの研究・製造販売を行ってきました。

 

こうしたレンズ職人、レンズマイスターの立場で、

国産特許レンズを搭載して作り上げた自信作が「光源氏」です

(日米特許取得)(特許番号5778109, 米国特許7506977取得)

 

「光源氏」という名前の由来は、

眩しさの原因となる光を減らしながら(ヒカリを減じる=光源氏)

平安時代のような色彩あふれる視界を両立させたいという想いを込めています。

 

 

比べてもらえれば一目瞭然なのですが、

ちょっとでもご体感いただけるように下記のYouTubeを用意しました。

正確に比べていただけるように、動画の加工は一切していない素人撮影です。

(2分弱のムービー。字幕ONにしてご視聴ください。)

とくに赤、青、緑色の見え方の違いに注目してください。

 

”光源氏”に搭載のメガネレンズは、射出成型などの大量生産品とはことなり、

職人が液体樹脂(度付レンズに使用される、三井化学製の高級樹脂MR-8など)を1枚1枚注入、

重合(焼き上げ)をします。

丁寧に24~48時間をかけて焼き上げるため、歪みのないレンズに仕上がります。

 

 

 

 

 

 

人が眩しく感じる光、とくにミドルエイジ以上で眩しく感じやすい580nm~590nmのイエロー光をカットし、眩しさをしっかり低減します。下記の動画でご体感ください。

 

 

 

 

 

厳選されたレンズには、厳選されたフレームが必要。

フレームは国内でデザインされ、日本向け製品を手作りで製造するフレームメーカーへ製造委託。

品質管理まで徹底して国内で行っています。

 

 

 

 

 

メタルフレームは頑丈かつ安全な素材「ステンレス合金」を採用。

テンプル(メガネのつる)には弾力性を持たせる構造を採用し、

顔幅に関係なく使用できる作りになっています。

レンズの表面にハードコート、裏面ハードマルチコート仕様にすることで、

相手から目が見えず、反射光がソリッドで男性的な印象に仕上がっています。

 

 (光源氏・メタルフレームの着用イメージ)

 

 

 

 

 

アセテート板から職人が削り出すことで生まれる深い色合いが特徴のセルフレーム。

透明な鼻当てで鼻に跡が付きにくい作りになっています。

レンズは両面マルチコート仕様。女性向けのイメージで、

相手から目が見えることで柔らかい印象を与えます。

サングラスをしたままお店に入ることができるような明るい色です。

濃い色のサングラスが苦手な方にもおススメです。

 

 光源氏・アセテートタイプの着用イメージ

 

 

メタルタイプ…メタリックシルバー(左)、マットブラック(右)

 

アセテートタイプ…ハバナデミ(左)、ワイン(真ん中)、パープル(右)

 

お客様レビューご紹介

 

男性・光源氏 セピアブラウン

 

視界がとてもクリアーでちょっとビックリしました。

コントラストもどちらのレンズも良く、特にブラウンの明暗の差が凄いです。

雲の りんかく?がものすごく感じました。スゲーー!

道路上の白線オレンジ線アスファルトよく見えます。標識の文字はちょっと見ずらいかな?

 

 男性・光源氏 マットブラック、セピアブラウン

 

(購入された方の友人に紹介したときの感想)

スゲーーー!これ度付きのサングラス?めちゃくちゃクリアー。

どこのサングラス?どこに売ってんの?いくら値段は?なんなのこれ?スゲーーー!

特にマットブラックが人気でした。ブラウンは確かに雪でよさそう!

 

 男性・光源氏 セピアブラウン

 

天気晴れ(眩しい時)

素晴らしい景色です。見た事のない景色が広がります。

写真や絵を見ているかの様な景色です。

ギラツキも無く、とても明るくクリアーな世界です。

他、サングラスと比べても断トツの明るさです。

断トツとは?他は興味のない世界です。比べっちゃったけど(笑)

コントラスト凄いです。信号、標識など油絵の様な見え方です。逆に疲れます。(笑)

ただし、人により明るすぎるという意見も多いです。

若い方、普段サングラスを掛け慣れている方などが明るすぎるという意見が多いです。

 

光源氏ブラウンの威力を発揮するのが曇り(ホワイトアウト)時です。

晴れた日にサングラスを掛けて眩しさを抑えるのは、他製品でもいろいろありますが、

光源氏ブラウンは、コントラストが凄い為、極端な話よく見えないホワイトアウト時など

信号や道路標識、人など、見えにくい状態になった時、見えやすくなります。

道路に落ちた雪の塊なども明暗の差が出る為

裸眼よりも光源氏サングラスを掛けた方が断然安全です。!

安全の為にもサングラスを掛けた方が良いと思えるサングラスでした。素晴らしい。

良いか悪いかフロントガラスの汚さが良く目立ってしまいます。(笑)

 

 男性・光源氏 マットブラック

 

光源氏ブラウンほどコントラストはありませんが、

ブラウンより景色がより自然に見え長時間掛けていても疲れもなく楽です。

曇り時もブラウンほど明るさが出ませんが、十分明るく見えます。

極端な状態(ホワイトアウト時)など想定してブラウン色にしなくても

マッドブラックで十分です。

 

 Goose Riderさま・持込フレームへコパーブラウン枠入れ

 

使用してみて、とにかく景色がクリヤーに見える!
コントラストが明瞭に、誇張無しに裸眼よりクリヤーに見えて車の運転に最適です。
貴社の今後の成長に祈念するとともに、いい商品を体感させていただきお礼申し上げます。

 

追記:トンネル内での感想をと思いってましたが、まったく気づかないまま通過し、

あとで「え!」ていうぐらいサングラスはめているのを意識できませんでした。
ホントにすごいです。

 syan1017さま・光源氏 マットブラック

サングラスはとても良いのですが、ケースがよくないです❗

眼鏡に対して大きすぎるためになかで動いてしまい内張りが剥げてグラスに付着します。

毎回なので閉口します。後考慮を

 

 

開発へご協力いただきました皆様、本当にありがとうございました!